生徒の声 - 日本舞踊教室 藤間流師範 藤間裕志朗(福岡・北九州・熊本)

日本舞踊 藤間流 藤間裕志朗
幼児教育 金太朗塾お問い合わせ

生徒の声

裕志朗の会では、2歳児から70代まで幅広い年齢の方が日舞を楽しんでいます。
また、性別も関係なく、男性にもおすすめです。親子もOK、一人もOK、カップルもご夫婦もOK!
みんなここでいつもと違うひと時を楽しんでいます。


自分のことより相手のことを想う先生の生き方に心打たれて!

天草教室   藤本 惠子さん

日本舞踊を習い始めてまだまだ3年目ですが、日本舞踊を通して仕事に対しての姿勢や考え方、生き方まで大きく変わりました。『今日という日は明日の種子を蒔いてるだけよ』
常に自分のことより相手のことを想える生き方をされている先生に心うたれました。
たくさんの気づきを教えてくださる裕志朗先生に出会えたことは、私の人生の中でとってもラッキーです。また裕志朗の会の皆さんがまた一人一人素敵な方ばかりです。今日も明日のために生きていきます。感謝を込めて…


常に意識の変化ができる日舞は、
自分の人生でなくてはならないもの

小倉教室   原 俊樹さん

日本文化が注目されている中で、伝統芸能である日舞を舞台で踊ることができ、とても感謝しております。これからも精一杯稽古に励み、自分を表現していきたいと思っております。


斬新なアイディアを世界に発信する先生に刺激を受けながら前進!

平尾教室   藤間 八州絵さん

“舞いの心を読む” 先生との出会いに感謝して、今年も又、新たな目標に向かって進んでいきたいと思います。


日本舞踊で得たものは日常にも新たな気づきと豊かな彩りを持たせてくれる。もっと学び表現を磨きたい!

平尾教室   手島 示智さん

「冷たい空気の中、早々に凛と咲く梅の姿を眺める…」そんな仕草ひとつに、舞踊を通して心を込めることで、普段に観る景色もまた、輝きをますような、そんな感覚を覚えます。足を運んでくださる皆さまの心に小さな振動を届けられますよう、今年もまた新たな気持ちで精進いたします。


凝り固まった心と体が解きほぐれていく感覚は
活きる力の源です

平尾教室   松本 美希子さん

毎日の生活で凝り固まった心と体がお稽古に行くと、スッと解きほぐれていく感じがします。そしてまた日常に戻っていくときの清々しさが、生きる力の源になっています。


祈り舞うこそ、めでたけれ。

小倉教室   福治 督浩さん

長生の舞を舞わせていただきます 蓬莱山の初あがり 松上の鶴
岩に酔い伏す亀うらら
初春にふさわしいおめでたい踊りです。
先日、御年九十一歳になられるお客様が年始に来てくださいました。その方は、小さい頃から日舞のお稽古に精を出し、毎日着物姿でかくしゃくとしておられます。そのお客様から大正十年、百年前のご実家のお正月の写真を見せてもらいました。母娘三人で鼓、舞、おうたいを唄ってお正月を祝っておられました。年の初めに舞で祝い邪気を払うということは、古来から日本に伝わる大切な行事しきたりであったのだと思います。つたないながらも、一生懸命舞台を務めさせていただきます。
祈り舞うこそ、めでたけれ。


日本舞踊を通して軸となるものが育まれ、自信が生まれ
それがチャレンジ精神になります

平尾教室   高間 和子さん

「日本文化に触れ、教養と美しい所作を身につけたい」「先生素敵!ついていきたい!」という思いから、日本舞踊を始めて早6年。裕志朗先生の楽しくわかりやすい指導で、古典のことや歴史のことを学びながら、現代を生きていくことを学んでいます。自身の生活や仕事、身体づくりにどれだけ活かしていけるか、自分自身への楽しみもできました。


習い始めて六年目!
これからも一心精進

平尾教室   田中 由美子さん

初舞で、岡崎城下のお堀で誇りを持って働く舟人を舞わせていただきました。舞・仕事・生活において、心情・情景を豊かに感じて生きたいと思うこの頃です。自利利他、鳥の眼を持って伝えることに難しさと深さを感じ、楽しく好きになってきました。六年目に入ります。これからも一心精進してまいります。


書を生かす日舞、生活に生かす日舞

平尾教室   中島 千香子さん

生きたい人の歩んだ姿、思いを体感できる日本舞踊。日々感じる感情を自分の中でどのように消化していくのか、自分と向き合う集中力を学んでいます。


踊りは心の余裕を作り、精進させる機会になりました。

平尾教室   渡辺 誠子さん

踊りを通して学ばせていただくことが沢山ありました。何事も冷静に判断できる力が身についたような気がします。先生は皆が良くなるように、大切なことを教えてくださいます。先生と出会えて、親子で強くなれました。これからも日々精進していきます。


踊りが楽しく、発表会も頑張りたい。

平尾教室   渡辺 凜さん

踊りが好きです。先生が厳しくて優しいので、強くなることができました。ありがとうございます。


新しい自分の発見と人間力をも高める。

福岡教室   江里篤志さん

新しい演目を教わるたびに新しい自分を発見でき、一歩ずつ人間力をも高めてもらえる素晴らしいお稽古。
仲間はもちろん自分自身の成長も楽しみながら学んでいきたいと思えるものに、ここ(裕志朗の会)で出会えたのは僕の一生の宝です。


一歩ずつ高みを目指して精進。

小倉教室   藤間 裕彩香さん

日々の生活に追われ、疲れ気味の脳を刺激し、使っていない縮こまった筋肉をスーっと伸ばし、一つのことに集中し無心になれる唯一の時間。それが裕志朗先生との楽しく有意義なお稽古の時間です。少しピリピリしていた神経も帰る頃にはすっかり癒されています。だから、良い時も悪い時もあった27年ですが、続けることができたのだと思います。先生ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。


応援団の基礎は日本舞踊で

平尾教室   重光 勇佑さん

日本舞踊は応援団の演舞とは違い、とても美しく、貴重な経験をさせていただいています。「わっしょい百万夏まつり」では先生の厳しい指導のおかげで創作部門で優勝をしました。共に抱き合って喜びを分かちあいました。これからも日本舞踊で様々な経験をして、応援団の活動につなげていきたいと思っています。


細やかで無駄のない、柔らかで豊かな躍動を
おどりで表現するのが夢

平尾教室   相川 陽介さん

裕志朗先生が教えてくださる日舞は、心と体を整え、豊かな感受性をとりもどす力があると思います。歌と剣舞を通じて表現する仕事に、先生の教えが活きています。歩き方、座り方、おじぎ、全てに意味を持たせ、洗練させる…日本人ならではのアートを楽しんでいきたいと思っています。「祝いめでた」は、博多に伝わるハレの詩。生まれ育った地のアートをこうして表現できることを嬉しく思います。細やかで無駄のない、柔らかで豊かな躍動をおどりで表現するのが夢です。


何事にも自信をもって取り組めています

平尾教室   風水の里 恒彦

日本舞踊を始めて舞台の上だけでなく、日常にも変化があり、「何だか雰囲気が変わったよね」と知人から褒めてもらうこともあります。お稽古を重ねるうちに、何事にも自信をもって取り組める。自然とそんな自分になっている気がします。


身体も脳も活性化され、
心地よい疲れと喜びを感じます。

平尾教室   山田真紀

この素敵な教室でお稽古が出来ることを嬉しく思っています。日本舞踊を習い始めて、最初に驚いたのは、こんなに脳を使うのだということでした。身体も脳も活性化され、心地よい疲れと喜びを感じます。そして、先生の温かい笑顔と裕志朗の会の素敵な方達のもとで、このお稽古が自分の軸となるように、楽しみながら続けていこうと思っています。また、海外公演に行かれる等、活動的な先生です。この教室を選んで本当によかったです。私も海外で踊る日を目標にしたいです。


宿題は「無難なことをしても新しい未来はない」

日本橋教室   相川 健太さん

日本舞踊に取り組み始めた、まさに初日でございます。裕志朗先生にお会いして私の目を見て、言葉を丁寧に紡ぐお姿と日本舞踊がなんたるかをご教示いただいたことをきっかけに日本舞踊をやってみようと思いました。実際にお稽古していただくまでの間、先生が右も左もわからない若僧に与えた最初の宿題は「無難なことをしても新しい未来はない」でした。本当に日本舞踊の宿題なのか?!と悶絶しながらその宿題に取り組むこと1ヶ月。なんとも不思議な変化が立て続いています。先生がデザインする生き方は私にとって不可欠なものとなりそうです。深く深くこのご縁に感謝致します。


身体の中を感じる時間は、内省の時間

東京教室   小坪真由美さん

見学の際に、裕志朗先生の曇りのない美しい舞に感動し、また、とても深いお話を聞いて、もっと裕志朗先生の世界に触れたいと思いました。
体験してみて、日本らしい身体の使い方を知ることができる稀有な機会だと感じました。手の使い方、身体の中を感じる時間、まさに内省の時間でした。少しずつ美しい所作が身につくよう精進してまいります。


誰とも比較せず、わたしらしい舞を。

東京教室   安藤輝美さん

今まで全く触れる機会のなかった日本舞踊の世界。裕志朗先生との出会い、佇まいに感銘を受けて足を踏み入れてみたいと思いました。慣れない仕草や言葉遣いなどに戸惑いながらも、〈知らないことを知る喜び〉と、わずかでも前進していることを自分自身で感じることができ〈学ぶ楽しさ〉を感じております。先生は、「誰かのように上手に踊ろうとしなくて良い!」とおっしゃいます。一人一人をしっかりとみて、舞だけではなくその時必要なメッセージを日本舞踊のお稽古を通して熱心に伝えてくださります。誰とも比較せず、しっかりと自分と向き合ってわたしらしい舞を表現出来るようになるのが夢です。


想像以上の世界観に惹きこまれれています。

小倉教室   佐藤 梨紗さん

着物を着る機会を増やしたくて、日本舞踊にも興味を持つようになりました。
まだまだ日本舞踊の世界は程遠く感じますが、先生の世界観や魅力には引き込まれていくような、ついていくのに必死のような、なんとも言いがたい感覚です! 間違いなくどっぷりはまりそうです☺️💕
これから、皆さまにもお会いできるのを楽しみにお稽古も励みます。どうぞよろしくお願いします!



Copyright© 2010- All Rights Reserved.